いちこの週刊爆心地

「遅いな~、王子様。8年早く着きすぎちゃったかな~?」

自然薯、恋をする

いっぴきのくろいいぬはずっとじめんをほっています。

どこかにいっては戻ってきて 地面をほっては
わん わん わん
なんどとめても いうことをききません

わん わん わん
ささやくように よびかけるように ずっとじめんをほっています

なかまのいぬはききました
「たからものでもあるのかい?」
くろいいぬはこたえました
「そうさ、ぼくのいっとうたいせつなたからものさ」

さいしょは かすかな こえでした
それはどんどんつよくなります

わん わん わん

じめんのなかでないていたのに

わん わん わん

はれのひは わらうように
あめのひは はげますように
どんなひも

じめんのなかはてんきなんてかんけいないのに
はれも あめも すてきなひにかわって

いつしか なみだはとまっていました
わん わん わん

ひかりが みえます

わん わん わん

すこしだけ そとは こわいのに

わん わん わん

そっと かぜを だきしめて

かおを あげると

なきそうな うれしそうな こえ

「やっときづいたの」

きずも なみだも べろりとすべてなめあげて

やっと こいをする

FF14 01. 兄を探しに

 

「兄さん……?」


 頬を撫でられた気がしてそっと瞼を開くと柔らかな日差しが青々と生い茂った木々の隙間からアーカスを照らしている。陽光を反射しながら溢れる緑はまるでエメラルドの空に見えた。

 

「兄さんなわけないな・・・・・・」

 

 自分が転寝していた事に気がつくと、またそっと幼い頃の撫でてくれた兄の手のような優しい風が通り抜けていった。がたごとと馬車は揺れる、馬車と言ってもこの大陸特有の黄色い大きな鳥が曳く乗り物だ。
相乗りの乗客は恋人同士のように寄り添う雪のように美しい双子ともう一人、いかにも商人然とした浅黒い肌の好漢と目が合うと白い歯をむき出しにして笑った。

 

「目が覚めたかい?」

 

「ああ、グリダニアはあとどれくらいだ?」

 

 あともうすぐってところかな、そう言って好漢は小さな鞄から水筒を取り出す。木をくりぬいて作られた作られたコップは、漆のような加工がされていて、つるつるとした手触りがする。なみなみと注がれた琥珀色の液体は何かの果汁を絞って作られたもののようで、少し酸味が強いものの寝起きの不快感の残る喉にはちょうど良い爽やかさだった。

 

「ありがとう」

 

 また風がアーカスの横をすり抜ける。それが白いぬいぐるみのようなものに見えたのはまだ夢でもみているのだろうか。まだ重い瞼を擦る。ほどなくして止まった馬車から降りると、目の前の門には「グリダニア」の文字。読んだ書物によれば青狢門で間違いないはずだ。門の横には苔色の布地に土色の皮を組み合わせたグリダニアを象徴するカラーリングの門番がこちらを見ていた。好漢が手を挙げると門番は大きな獣の牙に似た刃のついた槍を掲げる。

 

「兄ちゃんはグリダニアには何の用事で?」

 

「兄を、……探しに」

 

呪いランチ

 人生の中で「これまずかった!二度と食べたくない!」と思うような食べ物ってありますか?

私は味覚がニブいのか、それとも脳味噌がお花畑なのかは分からないけど(後者の可能性は限りなく高い)

あんまりまずかったと思うものってないんですよね。いや、そもそもまずかったと思っても大抵すぐ忘れる。喉元すぎればすぐうんこって言うしね。

そんな私に精神的傷(トラウマ)を与えたのがハヤシライス。

 

何故かってそれは……。

 

続きを読む

キッチン 桜井みかげは「しあわせ」なのか

※この文章ははるか昔に書いたもので、吉本ばなな「キッチン」を読んだ方向けの文章です。

今見ると日本語が結構おかしくて誤字脱字パラダイスで引用が長すぎて読む気にならない。

 

 

「キッチン」吉本ばなな

初出 一九八八年一月 福武書店

   二〇〇三年七月 新潮文庫

 

【研究テーマ】

このテクストは、主人公・桜井みかげが祖母や恋人を失い、雄一とえり子の田辺家の二人に出会うことで立ち直る物語のように思えるが、ほんとうにそうであるか分からなかったため。

 

【テーマ設定の理由】

『ここにだって、いつまでもいられない――雑誌に目を戻して私は思う。ちょっとくらっとするくらいつらいけれど、それは確かなことだ。』(P60 15~16行目)とみかげは言っており、田辺家が立ち直りの終着点であるならば、夢のキッチン(P61)をいくつも持ったり、出て行く必要性はない。みかげは出て行く必要やそうせねばならない理由があったのではないか、とこのテーマを設定した。

 

続きを読む

こんな夜にはメイビーハッピー

やっほー!いちこです!

FF14では時々レアモンスターがPOPします。

蒼天編ではクアールレギナ、プロトアルテマなどがミラプリ用の装備が貰えるので有名ですね。

今日はお休みだったのでボーッとしていたら、通話中のチキンさんが

オーディン湧いてるってー!」とのこと。

 

オーディンとはグリダニア近辺に沸くレアモンスターですね。

倒すとトークンが貰えてチョコボ装甲がもらえるのですが、

もう何回か参加してて特に欲しいものがないので今回はPT外の蘇生の称号(アチーブ)目当てに行くことにしました。

こういうレアモブは人が集まって重いこともあって、死屍累々なのでとてもチャンスなのだ!

 

いちこ「よーし、街角の賢者様もらうぞ~!」

チキン「通りすがりの聖者様かな?」

 

王様の耳は

かっけ「チキンさんとディズニー行ったら何の耳つける!?」

いちこ「え?パンの耳?」

f:id:wildfancier:20151115014306j:plain

どうしたって妊娠マンデー

いちこ「煙草を吸っている男は全員ホモ」

ちきん「変な学説たてるのやめて」

いちこ「煙草を吸ってるやつはほも煙草を吸ってるやつはほも煙草を吸ってるやつはほも!はい、三回言えたから煙草を吸ってるやつはほも!!

のうさん「流れ星ありません~!」

いちこ「☆ミ 私が流れ星だから ☆ミ」

のうさん「(絶句)」

f:id:wildfancier:20151030014904p:plain