読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちこの週刊爆心地

「遅いな~、王子様。8年早く着きすぎちゃったかな~?」

ちきんさんとカブトガニ まとめ

 

f:id:wildfancier:20160326234122p:plain

 

第1話

ち「あ~つかれた~、ただいま~って独り暮らし始めたんだった~誰も返事しないよね~そりゃ」

カ「キチキチキチ」

ち「『おかえり』って?ハハ、ありがとう、ってえ!?なに!?っていうか誰!?カニ!?カブトガニ!?え!????」

第2話

カ「キチキチキチ」
ち「え、何?何でウチにカブトガニ?っていうかどこから入ってきたのきみ。っていうなんでカブトガニ?」
カ「キチキチキチ」
ち「と、とりあえず水族館!?いや保健所!?スマホスマホ、もしもし保健所でs」ドゥルルル
カ「キチキチキチ」

第3話

ち「やべ~、カブトガニってあんなフリスビーみたく飛んでくるんだ・・・・・・!スマホぶっ壊されちゃった……」
カ「キチキチキチ?」
ち「可愛さのなかに凶暴さを隠した生き物だねキミは」
カ「だろ?」
ち「え?」
カ「キチ?」

第4話

チ「とりあえずメシでも食うか……。あれ、カブトガニって何食べるんだろう……。虫?魚?プランクトンか?」
カ「キチキチ」
ち「あっ、白米でいいんだ!白米でいいみたい!」

第5話

ち「やっぱり海に帰ってもらえるかな?ほら、ここのスキマに千円いれておくから」グイグイ
カ「キチ!?キチキキチ!????」
ち「あれー、入んない、おりゃおりゃ」グイグイグイ
カ「キチ!!キチキチ!!……キチkやめろ!!!!!」
ち「ウッス」

第6話

ち「やっぱりカブトガニは水の中のほうがいいの?」
カ「キチキチ」
ち「ちょうどいいし俺もひとっ風呂あびるか~」
カ「キチキチ!???」ドボン
~1時間経過~
チ「お前長風呂だな~、って! イイ出汁でてるわ~コレ」

第7話

ち「やっぱカブトガニも甲羅とか干すの?」
カ「キチ~?」
ち「ベランダとかでいいのかな?じゃあ、仕事いってくるからね。落ちちゃダメだよ」
カ「キッチキッチ~」
~帰宅後~
ち「うわなんかおせんべいみたくなってる」
カ「キチ……」ペロ
ち「うまい」

 

第8話

カ「キチキチ」
ち「お?お出かけか?気をつけろよ」
カ「キチッ」ガチャ
ち「あいつレッドデータ登録されてるけど平気かな~」
ち「……結構長いお出かけだな」
ピンポーン
カ「キチチッ♪」
ち「お前、クール便着払いで帰ってくるのやめてくれる?」

第9話

ブゥーン……ブゥーン……
ち「ルンバは便利だなぁ」
カ「キチブゥーン……」
ブゥーン……ブゥーン……
ち「……お前にそういう機能は求めてないよ」

第10話

ち「は~、メシうまかったな~。あー、ヤベ。皿洗いしてねえからくっそ皿溜まってるな~、毎回使う皿だけ洗ってるけど休みだし全部洗うか~。くそだりいな~。あれ? 今日皿洗ったっけ?」
カ「……」
ち「……」

第11話

ちきん「やべえ万年筆のインクなくなっちゃった、替えは~っと黒しかないな……、ここから黒で書くのもな……」チラッ
カブトガニ「キチチ?」
ちきん「いやいやダメだろ俺……」
一楽「カブトガニの血は青いんだよ!」

第12話

ち「今日は何もない日だね~」
カ「キチ~」
ち「お茶でも飲むか?」
カ「キチッ♪」
ち「はい、どーぞ」
カ「キッ…キッ…」
ゴバァッビシャアア
カ「キェエエエエエエエ!!!!!!」
ち「うわぁああああああああ」

第13話

カ「キチキチ」
ち「お?なんだお前裏返ってどうした」
カ「キチキチ」クルーンクルン
ち「なんだなんだブレイクダンスか、ほーれほれーもっと回してやるぞ~」
カ「キチ キチ」
ち「お前裏側キモいな~」

第14話

ち「鍋食べたい」
カ「キチキチ」
ち「白菜、豆腐、ネギ、しらたき……ちょっと具が足りないな……」
カ「……」
ち「……」
カ「…キチッ!!」
ち「逃げるなよ、取って食おうって訳じゃないんだから」

第15話

ち「うわああああ!」
カ「キチキチキチキチ!!!!!!!!」
ち「ごめんって謝るってお前のプリン食べたの謝るから!な!でもこれ買ってきたの俺だしまさかプリン食べるとは思わないじゃん!?」
カ「キチキチーー!!」
ち「うわやばいベランダから飛んでった!」

第16話

ち「あいつベランダから飛んでってからしばらく帰ってこないな~」
ピンポーン
カ「キチー♡」
ち「相も変わらずの着払いクール便での帰宅ですね、って横の伊勢エビは!?彼女?いや、彼氏なのかな……?」
カ「キチ?」
ち「伊勢エビ死んでる!?あ、お土産かぁ」