いちこの週刊爆心地

「遅いな~、王子様。8年早く着きすぎちゃったかな~?」

ユーリ!!! on ICEとLGBTの矛

 

例のアレな記事について

 

悩まなくてはLGBTを扱う作品ではないのでしょうか

 

LGBTは、
少女漫画のように運命の相手と恋に落ちるストーリーを夢見てはいけないのでしょうか?


あなたの言葉を借りるのであれば

誰だって
本当に夢のような優しい世界を求めています。

 

そもそも、

同性愛やLGBTという区別の仕方が、

異性愛が普通の世界だからこそ、

わざわざ、

マイノリティーとして

分けておく必要があるから、

生じているのです。

 

だから、

本当に夢のような優しい世界を目指すためには、

「普通とは違う」と否定されないことが重要です。

だから、

このアニメは、

同性愛やLGBTと明言もしない、

だから区別もされない、という世界を作りたかったということではないでしょうか。

 
でも、

リアルに生きている人々は、

そんなものはないと知っているから、
変えるために、知ってもらうために

みんなが

悩みを描いた物語を書いているわけです。

 

だって夢なんて、遠すぎるじゃないですか。

片思いしても、告白することも許されない世界に生きている可能性だってある。

 

アニメは軽くしか見ていないけれど、

そんなことが叶う世界なら

とても幸せで、

羨ましいと思います。


その一方で、

世の中には、
もちろん、悩みは尽きないとは思いますが、
幸せなパートナーを見つけ、幸せな生活を送っている方もいらっしゃいます。

 

そんな方々を一括りにして、

LGBTは悩まなきゃいけないなんて、

それこそ、

LGBTに失礼ではないでしょうか。

 

腐女子も、

LGBTも、

YOIファンも、

きっと、ここまで読んでくれたら同じ考えじゃないかと思う。

 

腐ってもねー、

同性愛者でもねー、

YOIファンでもねー、

 

そんな奴らに、

 

「「「どうこう言われる筋合いはねーんだよ!!」」」

 

サンキュー!!!!(拍手喝采)

 

私たちは、

思い通りに消費されてやるつもりはまったくないからな。
 
お前の偏った考え方で、

誰かを傷つけるために、

腐女子LGBTという言葉を使うな。

 

なーにがLGBTだ。

都合のいいように耳ざわりがいい言葉を使うなよ。